適切なケアで改善可能|重大な病気の症状を知っておこう|糖尿病を防ぐためにできること
看護師
このエントリーをはてなブックマークに追加

適切なケアで改善可能

看護師

脊柱管狭窄症は、投薬治療もしくは手術によって改善することができます。投薬治療では、血管を広げる作用のある薬を服用します。しかし、毎日飲み続けなければならないうえに、飲み合わせによっては服用できないこともあります。加えて、症状によっては効果が出にくい傾向にあります。それゆえ、最も有効な治療方法は手術とリハビリといえます。それによって、重度の症状でも改善を期待できます。しかし、脊柱管狭窄症のリハビリには長期間を要します。そのため、患者が精神的に滅入るケースも多々あります。そこで、リハビリにおいて患者のメンタル面のサポートも重要になるでしょう。また、脊柱管狭窄症専門のリハビリ施設が登場すると考えられます。

脊柱管狭窄症は、脊柱が長年にわたって圧迫されることで発症します。とくに、高齢者や座位の姿勢が長い人は、脊柱管狭窄症になりやすいといえます。加えて、頻繁に重い荷物を持つ人も、この症状に悩まされる傾向にあります。上述のように、脊柱管狭窄症は手術やリハビリによって改善を図ることができます。それによって得られるメリットは、痛みから解放されることです。脊柱管狭窄症は、脊柱と共に血管も圧迫します。その血管が神経に触れるため、腰部に鋭い痛みが走ります。ときには、その痛みが太ももの裏側や足の裏にまで広がって、日常生活を送ることが困難になることもあります。しかし、手術とリハビリによって元の生活を取り戻すことができます。

脊柱管狭窄症の場合は手術療法や薬物療法の他にも運動療法と呼ばれるリハビリでの治療方法がありますが、リハビリでは具体的にどのようなことを行なうかと言うと筋力を上げて脊柱管狭窄症の原因である血流の流れの悪さなどを防ぐためにもしっかりと血流改善を行なうことが出来る運動療法を取り入れていきましょう。運動を行なう際には脊柱管が通常の姿勢よりも拡大する前屈位の体制で筋力訓練を行なうと負担も少ないので高齢者の方でもしっかりと運動を行なうことが出来ます。運動を行なう場合は運動を補助してくれる理学療法士や専門の医師の元行なうようにした方が良いでしょう。歩くのがキツイ場合などは椅子から立ち上がる動作をテーブルの補助を得ながら行なえば軽度の前屈位を保つことが出来るので、このような立ち上がり訓練を行なうようにするとリハビリをしっかりと行なうことが出来ます。安心してリハビリを手伝ってくれる医師をみつけましょう。