ダイエット外来を受診|重大な病気の症状を知っておこう|糖尿病を防ぐためにできること
看護師
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット外来を受診

聴診器

自分でダイエットをしようと考えて実際に実行したとしても効果が全く現れないという経験をした人は多いです。もしダイエットを諦めかけているなら、一度病院で治療をしてみましょう。最近ではダイエット外来を解説している病院も多いため、肥満も治療できる時代になっています。基本的には体重コントロールは個人に任せるものでしたが、身についた生活習慣はなかなか自分では矯正することはできません。医療の力を借りれば無理なくダイエットができると期待されています。肥満の状態が続いていて、しかも生活習慣も改善されないままだと様々な病気が起こってくることが予想されます。重大な病気を引き起こさないようにするためにも肥満治療を行なっていきましょう。

ダイエット外来では食事療法と運動療法に取り組んでいきます。これは自分でもできることですが、医療ならではの外科治療や投薬治療も受けられるので注目してみましょう。外科治療は病的肥満の人に行なわれるもので、軽度の人には行なわれません。病的肥満とは、何らかの脳や身体の異常によって食欲が抑制されないために脂肪が溜め続けられてしまうという症状のことです。そうなると動くのにも困難が生じるので、直ちに減量手術が行なわれます。胃のバイパス手術や脂肪細胞の吸引などが主な手術法です。そして投薬は病院でしかできません。食欲がどうしても抑えられない人に対して処方される薬があり、薬の服用と運動によって脂肪燃焼が促進されるという方法です。いろんな方法がありますが、基本的には正しい食事療法などで大きく改善していくといわれています。