病院
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット外来を受診

聴診器

肥満がどうしても解消されない、身体に負担をかけない正しいダイエットをしたい、そんな人はクリニックにあるダイエット外来を受診してみましょう。医療機関でしかできない、手術や投薬の治療も受けられます。

もっと詳しく

生活習慣で改善できる

医者

重大な病気については知識をもっていた方がいいです。特に生活習慣病である脂質異常症や高血圧、糖尿病は普段の生活に気をつけていることで防げるものでもあるので、今現在その病気に悩まされていないという人でもどうなったら糖尿病や高血圧になるのかは知っておいた方がいいでしょう。それでは糖尿病の症状とはどのようなものがあるのかあげていきます。主な症状には、頻尿や足がむくむといったものがあります。喉が乾くのも糖尿病の典型的な症状の一つです。これらは疲れを感じたときにも起こるので、放置しやすいものです。以上のような症状を上げましたが、高血圧や脂質異常症は自覚しくいので、症状が出たときには病状が進行している恐れもあるので、自覚症状だけでなく定期的な健康診断を受けることが大切です。

では、この糖尿病になってしまうとどんな弊害が起こるのかというと、インスリンが正常に分泌されなくなってしまいます。インスリンが体内の中に少なくなってしまうと、糖尿病性ケトアシドーシスを引き起こし、命が危険に晒されることもあります。脱水症状や嘔吐が起こり、最悪の場合は昏睡状態に陥ってしまうのです。そのため病院を受診し、常に注射が切れないようにしなければいけません。第Ⅱ型糖尿病の場合は重症になる確率は少ないですが、膵臓が動かなくなると最終的には腎臓にも負担がきて、透析を一生受け続けなければならない可能性もあるのです。そうなる前に食事や生活習慣を改善する必要がありますが、病院では病気の治療だけでなく予防や指導も行なっているので積極的に受診しましょう。

適切なケアで改善可能

看護師

今後における脊柱管狭窄症に対するケアは、メンタル面を重視した内容になるでしょう。そして、脊柱管狭窄症専門のリハビリ施設も登場すると予測できます。脊柱管狭窄症を改善することで得られるメリットは、痛みから解放されることです。

もっと詳しく

腰の治療

ドクター

脊柱管狭窄症には、リハビリが非常に大切です。というのも、腹圧の低下により起こることの多い病気ですので、腹圧を鍛えていかないと再発する可能性は高くなります。ですのでリハビリによって、無理なく腹圧を鍛えることが予防にも繋がるのです。

もっと詳しく